今日も引き続きイポーのご紹介です

そもそもイポーとはどんなところって事で、
ちょっと歴史のお勉強です。あっそんなに難しくないですよっ

もともと18世紀頃から錫採掘で発展した街なんですが、イポーの街の南北に流れる
キンタ川の西側の旧市街は、イギリス統治時代のコロニアル調の建物
かなり数多く残っています 
IMG_3843_1
こちらはマレー鉄道のイポー駅
豪邸と見間違えそうな豪華な建物です
駅はまだ現役で、現在も頑張って毎日鉄道が通ってますよ
ここがいわば、市内観光のスタート地点

その近くにあるのが時計台
Ipoh11Aug 126
 Copyright Shie Iwasa

その他にもこんなコロニアル調の建物がいっぱい
Ipoh11Aug 107
Copyright Shie Iwasa
ペナン島のジョージタウンかと思っちゃうくらい

だって、コロニアルの建物以外にも
建物のほとんどがショップハウスだし・・
IMG_0673

ショップハウスによくある、アーチ付きの通路も、ほら。
IMG_0657

ジョージタウンにとってもよく似ている気がするんですが、
イポーにはイポーにしかない魅力があるんですよ~

一見なんの変哲もない街なんですが、歩いてみると
どこか懐かしく、ほっこりするような風景があります。
イポータウン 路地②
 Copyright 2011 映画「セカンドバージン」製作委員会

イポータウン 路地
 Copyright 2011 映画「セカンドバージン」製作委員会

何気ない路地裏にも、なんだか可愛らしい

写真でうまくご紹介出来ないのが残念なんですが
マレーシアのいくつかの都市を巡った人に聞くと必ず
イポーがいい』って言いますね
それ、すごくよくわかります

私も、ちょっとのんびり、ボーっとしたい時はイポーへ行きます

うまく説明できないんですけど、
時間の流れかたが違うんでしょうね~

そんな不思議な魅力があるから映画の舞台になったのかも。

そんなイポーの街でロケが行われた
133_60
23日(金・祝)いよいよ公開です!

Access Data:
KLからイポーへ:
高速バスで約2時間半
マレー鉄道で約2時間15分
高速バスステーションはイポーの街から車で20分くらいかかりますので
  マレー鉄道を使う方がオススメですっ




いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
br_decobanner_20110720172921
面白かったらポチっとお願いします