観光スポット

2019年04月10日

クアラルンプールにある国立動物園
ズーネガラ(Zoo Negara)
ZOO NEGARA1
Zoo Negaraはマレー語で「国立動物園」の意味
そのまんま(笑)

APAI-ZOO NEGARA 2
お馴染みのゾウさんや

ZOO NEGARA 3_1
キリンさんやマレーバク、

そしてもちろん
Heart2heart_SarawakForestry2
オランウータンなど、沢山の動物や鳥たちがいます

そして、
実はあまり知られていないんですが、
なんと~!!!
ZOO NEGARA 5
パンダもいるのです~

しかも!!さらに!!
今なら
パンダの赤ちゃんが見られるのですっっ
きゃ~
まじで???
見たいかも~

週末やマレーシアのスクールホリデー時期は
少し混雑しているらしいのですが、
普段は特に混んでおらず
ゆ~っくりパンダちゃんを見る事が出来ますよ♪♪
それもうれしい~♪♪
少なくとも日本みたいに何10分も並ぶ、ってことはありません。

ズーネガラには、
中国から来たリアンリアンとシンシンの2頭のパンダがいて、
赤ちゃんパンダはこの子で2頭目☆
1頭目の子は2015年に生まれて2017年に中国へ返還。
この赤ちゃんパンダも2歳になると中国へ返されるので、
見られるのは今年(2019年)いっぱい・・かな

KL中心部からは少し遠いですが、
この機会にぜひ☆赤ちゃんパンダを見に来てくださいね♪♪

Zoo Negara
開園時間:9:00-17:00(最終入場16:00)
入園料:大人RM82 子供RM43
☆アニマルショー:11:00&15:00(金曜は11:00&15:30)
園内マップはこちら
※再入場は出来ません。
※しずかに見学しましょう

アクセス
タクシーやGrabが便利です。
公共交通を使う場合は、
LRTクラナジャヤ線でWangsa Maju駅まで、そこからタクシー。

いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
br_decobanner_20120214152214
面白かったらポチっとお願いします



blog_malaysia at 09:11  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年04月04日

マラッカの世界遺産地区のヒーレンストリート
ヒーレンIMG_0180
この通りは別名「億万長者通り」とも呼ばれていて、
「ヒーレン」というのはオランダ語でオランダ時代に呼ばれていた名前。
「ヒーレン」とは「紳士」という意味だそうです

今の正式名称は「Jalan Tun Tan Cheng Lock」で
マレーシア独立の鍵を握っていた華人の大富豪の名前にちなんだ
通りの名前になっています
その話はまた後日♪♪

ヒーレンIMG_2818
様々な形のショップハウス、タウンハウスが並ぶこの通りでも
ひときわ目立つお家。

それがこのお家☆
じゃーんっ
ヒーレンOCBC創設者の家IMG_2796
他のショップハウスとは少し建築様式の違う、
とーーーーっても美しい大邸宅

となりのお家と比べても~・・

ヒーレン_OCBC創設者の家IMG_2797
ずいぶん違う・・というか、
このお家、お庭というかポーチがあるんですよね。

ココを通るたびに
はぁ~ステキだぁ~」って
ウットリ見とれちゃうんですが、

いったいこのお屋敷は何なんだろう・・???
とずっとナゾでしたがお友達に聞いてやっと謎が解決

門には

ヒーレン_OCBC創設者の家IMG_2798
この邸宅の由来と説明が書かれていて
「Chee(チー)さん一族の家」で、もともとは18世紀から続く家系ですが
1925年にビジネスで財を成した「Chee Yam Chuan」さんに敬意を表して
建てられたそうですが、この「Chee Yam Chuan」さんというのが
海外で有名なOCBC銀行(Overseas Chinese Bank)の
創始者のおじいさんにあたるのです♪♪

という事は・・
ココはその、OCBC銀行創設者一族の邸宅なのです。
へぇ~~!!!!

もちろん、ここは私邸なので内部に入る事は出来ませんが、
そう聞くと納得な建物でした


はっとするくらい美しいお屋敷なので、
皆さんもマラッカへ来たらぜひ見てみてくださいね☆


いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
malakka_banner
面白かったらポチっとお願いします!





blog_malaysia at 09:10  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年03月08日

マラッカのヒーレン通りを歩いていたら、
なにやら「ギャラリー」と書いてあるところが。
casabaraギャラリーIMG_0183
CASABABA GALLERY。
セルフィー写真用の写真館

どれどれ
casabaraギャラリーIMG_0184
どうやら、中はプラナカンの邸宅になっていて、
入場料を払えばどこでも写真撮影が可能だそう
※写真は自分のスマホやカメラで自分で撮影です。

ちょっと面白いかも~
という事で、中に入ってみました
casabaraギャラリーIMG_2795
ここが受付。
館内のおばちゃんに「博物館じゃないけど大丈夫?」と念押しされ(笑)
入場料(RM15)を払い中に。


なんと入場料には、衣装代も含まれていて
casabaraギャラリーIMG_0185
ニョニャクバヤの他、中国風の衣装など
結構な数の衣装が着放題

もちろん、それに合わせて帽子やサンダルの小道具もあります
casabaraギャラリーIMG_0186

ニョニャクバヤはこんな感じ
casabaraギャラリーIMG_0187
可愛い~
かなり本格的なクバヤです♪♪


そして、気になるお部屋ですが~
casabaraギャラリーIMG_2781
こちらもかなり豪華なセット

おばちゃん
もといお姉さんに聞くと、
殆どはレプリカだそうですが、
どれも手作りの螺鈿細工の家具

こういう家具のどこに座って写真を撮ってもOK

casabaraギャラリーIMG_2784
このトライショーはアンティークだそうですよ。確かに。

casabaraギャラリーIMG_2785
床屋さん


2階にも家具が沢山置いてあるそうなんで、
2階へ上ります~~
casabaraギャラリーIMG_2786
わっ!!ベッドもある~♪♪

casabaraギャラリーIMG_2788
ハネムーン用のベッド・・かな?

casabara ギャラリーIMG_2789
お馴染みのキュートなプラナカン食器も

こういう豪華絢爛な家具はとっても素敵だけど、
通常はアンティークなので
「触らないで」「座らないで」なんですよねぇ~・・
だけど、ここのは全てOK!!
座ったり寝そべったり、好きなポーズで写真撮影ができますよ
衣装は着放題でRM15はかなりお得かも♪♪

女子なら一度はこういう、
なりきり写真やってみたいですもんね

マラッカへ行ったら、トライしてみてくださいね


CASABABA GALLERY
Address
87 Jalan Tun Tan Cheng Lock(Heeren Street),Melaka
Open 10:00-18:00 ※水曜休み
 

いつも読んでくれて有難うございます 
   ブログランキングに参加しました
kebaya
面白かったらポチっとお願いします!

blog_malaysia at 09:10  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年01月30日

いやまKL観光の1番人気なりつつある、
ブルーモスクピンクモスクの見比べ

マレーシアで最も美しいモスクの1つと言われる、
スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャーモスク(長い・・
通称ブルーモスク
20180201_672_ブルーモスク_11
4本のミナレットと格子柄になったドームが特徴です


それと~
現在世界に4つ程しかないといわれる
プトラモスク通称ピンクモスク
20180131_181_プトラモスク_1
女子のハートを離さないピンク色のモスクです~★

せっかくならどっちのモスクも見てみたい
という人が続出中
ありがたいお話なのですが~・・・
実は2つの1度に回るには問題が・・


というのは、
この2つのモスク、もともと観光スポットではないので、
交通がかなり不便が~ん。。
どちらか1つなら公共交通でも行けるのですが、
2つを回るとなると・・1度には難しくなります・・ごめん。

というのも、、
ブルーモスクへはKL中心部から西へ約30km
公共交通なら、パサールセニ駅にあるバスターミナルから
シャーアラム行のバスに乗れば、ブルーモスク近くのバス停まで約40分。
その後徒歩約10分程で辿り着けます。

ピンクモスクはKL中心部から南へ約35km
公共交通なら、KLIAトランジットで「Putrajaya & Cyberjaya」駅で降り、
目の前のバスターミナルから「コンプレックスABCDE」行に乗れば
ピンクモスク近くまで来ることが可能です。こっちも小1時間くらい


方向が全く違うのです。。
バスには時刻表が無いので、時間が読めない
そして、このブルーとピンクの間に直通の公共交通が・・ない
タクシーしか手段がありません。

そしてモスクは元来、イスラム教徒がお祈りをする場所
お祈りの時間の見学は出来ませんので、
お祈りの時間を避け効率よく回るにはかなり大変なのです

でも・・
せっかくKLに来たんだから、2つのモスクを見たい~

そんな願いを叶えてくれるオプショナルツアーが、
HISから登場しました~
モスクツアー
二大有名モスク制覇★ブルーモスクとピンクモスク観光

今回は、
2大モスク(ブルー&ピンク)観光 に加え
シャーアラムのアートストリート
水上からピンクモスクが観光できるクルーズ
がセットになったプラン♪♪

かなり良い内容のツアーですっ
20180131_025_プトラジャヤクルーズ_プトラモスク_12
水に浮かぶピンクモスクは
クルーズに乗らないと見られないのです~

さらに~!クルーズなら
ピンクモスクとペルダナプトラも一緒に見られる
IMG_0348_プトラモスク_ペルダナ


ほんっとに大満足のプラン


この2つのモスクはぜひ見比べてほしいんです~

各々のモスクのガウンは
ブルーと
提出用_28
 @hairmakeshino

ピンク
20180131_177_プトラモスク_11
これを着るだけで異国情緒たっぷりだし!

なにしろ、内部が美しすぎる!!
20180201_922_ブルーモスク_1


IMG_2120_blue_mosque
女性限定の青い世界は必見
写真うまく撮れなくて魅力が伝わりませんが~・・

ピンクモスクは、どこを見てもピンクだし!
20180131_205_プトラモスク_11

モスクへの交通の不便さを知っているからこそ、
このオプショナルツアーはまさに願ったり叶ったりのプラン☆
※実はワタシも時間がなくて1日で2つを回ったことないです・・


せっかくのKL旅行
時間は有効に使って、大満喫しましょう♪♪


★ツアー詳細はH.I.S.のサイトでご確認ください

いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
bannermypass
面白かったらポチっとお願いします!





blog_malaysia at 10:39  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年01月17日

ペナンと言えば、最近は「世界遺産の街」以外に
アートの街」としても知られてますよね
最近でもどんどんとアートは増えています


最近人気のアートスポットがコチラ☆
アートレーン_ペナン
 ART LANEっ

場所はジョージタウンのビーチストリート、
オシャレなカフェ&バーでも人気の
チャイナハウスの数軒先。

IMG_1385
もともとは戦前に建てられた倉庫で、
ショップハウスのように、細長い作りになってます

中は吹き抜けになっていて、
国内外のアーティストが思い思いのアートを描いたり作ったりしてます
IMG_1410
こんな感じ

色んなアーティストが描いているので、
テイストも様々
IMG_1415


IMG_1404

IMG_1389

もちろん、気に入ったアートと一緒にパチリしたりと
地元の人にも人気のスポットになってますよ

街歩きがもっと楽しくなりますね~


Art Lane Penang
Address:
127 Beach Street, Georgetown, Penang
Open:9:00-19:00
★チャイナハウスの数軒先です

いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
neko
面白かったらポチっとお願いします!












blog_malaysia at 09:55  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年12月07日

ジョージタウンでもひときわ目を引く建物と言えば、
じゃーんっ
CHEONG FATT TZE 19_1
ブルーマンション
写真だとインパクトが少ないんですが、
ホンモノを目にすると
すごいっっ」っておもいますよ

このブルーマンション、
元々は華僑の邸宅でしたが今はホテルとして運営されているので、
勝手に入って見学は不可
見たい方は1日3回のツアーに参加します。

IMG_1162
11:00、14:00、15:30の1日3回
ネットで事前購入と当日(空きがあれば)購入できます。
お値段はRM16。
残念ながら英語か中国語しか案内はありません

とりあえず英語ガイドさんについて参加です~
IMG_1170

IMG_1163
ツアーに参加したとしても、客室エリア等は写真撮影不可。
決められた場所以外の撮影は出来ません。
ルートに沿ってガイドさんと一緒に見学します。
※宿泊するか、レストランを利用する場合は撮影可能。

この家は塀の窓や形に至るまで全て風水で決められていて、
ガイドさんはその建物の歴史の他、風水の話や、
もともとのオーナーさん家族の話を盛り込んで説明してくれます
それが小ネタ満載でかなり興味深いっっ

たとえば・・
オーナーであるチョン・ファッ・ツェさんが亡くなった後、
 長男はこの建物を売ろうとした・・とか

チョンさんはパイナップルとワインが大好きで、
 2階にはパイナップルとワインをモチーフにしたステンドグラスがある、とか

そのチョンさんが好きだったワインは今でも中国で売られてるらしい、、とか

ツアーに参加しないと聞けない「トリビア」が満載☆
英語になってしまうんですが、参加すると楽しいですよ~

ペナン島観光では、ぜひ参加してみてくださいね♪♪

Cheong Fatt Tze Mansion The Blue Mansion
Address
14 Leith Street, 10200 Penang Malaysia
Tel:604-2620006

☆ツアーは11:00、14:00、15:30の1日3回


いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
banner
面白かったらポチっとお願いします





blog_malaysia at 11:26  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年09月07日

おはようございます
すっかり長らくブログをお休みしちゃいました
気づけはもう9月・・早いですねぇ。。

さて、今日はジョホールバルのお話です。
シンガポールから国境越えを体験しに
日帰りでやってくる方も多いですが、
観光スポット少ないよね~
って思う方も多いかも
実際多くないんです

マレーシアの首都はクアラルンプールで、
ジョホールバルは地方都市の1つ。
歴史深い街ではありますが、遺跡があるわけでもない・・

・・と嘆くのはこのくらいにして(笑)


今日ご紹介するのは、
ジョホールバルでマレーシアの文化が体験できる
マレー文化村
1Entrance

ジョホールバル市内にある施設で、
入口には大きなドラ
1Entrance3

施設内では
ミニ・フルーツファーム の見学
2PalmOil

マレー伝統家屋の見学
MalayModelHouse2


バティック体験♪♪
BatikArea3


BatikExp2
自分で色を塗って~
出来上がったものは持ち帰りOKです



ワヤン・クリッ(伝統影絵)鑑賞
WayangKulit2
ワヤン・クリッはマレー半島東海岸の伝統芸能で、
KLでもめったに見る事は出来ないんですよ~ 貴重


民族舞踊鑑賞
Dance2

マレー伝統結婚式の展示
Wedding2

を見る事が出来ますよ~

バティック体験と施設見学で大体90分。
なななか1度にこういうものを全部見たり、
体験する場所は少ないので、
ジョホールバルへ来たら行ってみてください☆
※事前予約が必要です

施設info
マレー文化村 The Malays Cultural Village
Address:
33A Jalan Petaling,
Kawasan Perindustrian Larkin
80350 Johor Bahru

Tel:607-2387377
Open 9:00-16:00
入場料
RM60(施設の見学、民族舞踊鑑賞、バティックまたは石けん作り体験含む)
※バティックと石けん両方体験する場合はRM80
申込:webサイト「Contact」からメールで申込してください。
   ※日本語対応
   ※電話でも申込可能です


いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
banner_dance
面白かったらポチっとお願いします!



blog_malaysia at 10:15  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年08月29日

おはようございます
今日は今開発真っ最中で、
もうすぐオープンの新リゾート地区のご紹介です

デサル」と聞いてピンと来た人はかなりのマレーシア通
ジョホール州の東海岸に位置するエリアで、
実は昔からビーチリゾートとして存在はしていたのです・・

デサルへの1番便利なアクセスは、
デサル地図
(※Google Mapより)
シンガポールのチャンギ空港の横にある
 チャンギフェリーターミナルから船で30分
そこから車で約30分でデサルへ到着
意外に近いんです(※要パスポート)
船は平日は1日2便、週末祝日は4便あります☆

もちろん、ジョホールバルから車でも可能です
空港からは大体1時間。時間は同じ位ですね。

東海岸のビーチは透明度も高くて綺麗なんですよ~
デサルはもともとあったビーチですが、その一角に
デサルコースト」という新リゾート地区が出来たのです

なんと、この地区に
一気に4軒のデラックス~ラグジュアリリゾートが
オープンする予定っっ(オープン間近です)
どれも世界的に有名なホテルチェーンばかりっっ

まず、1軒めが
One&Only Resorts(ワン&オンリー・リゾーツ)」の
One&Only Desaru Coast
OO_DesaruCoast_Resort_Exterior_Pool_Retouched_14May2018_1
(One&Only Resorts 提供)
モルディブやドバイにあるラグジュアリリゾートですが、
何と今回アジア初進出っ
その記念すべき1軒目がデサルです♪♪
全てスイートルームという、プライベート感たっぷりの高級リゾート。
オープン日は未定ですが、まもなく。。の様です

そして2軒目がマレーシアでもおなじみの
ウェスティン
jhbwi-lobby-0209-hor-wide
(公式サイトより)
こちらは10月にオープンの予定です♪♪


3軒目が~
ハードロックホテル
ハードロックホテル
(ホテル公式サイトより)
マレーシアにはペナンに1軒ありますね♪♪
こちらは11月頃のオープンを予定しています

この2つのリゾートは残念ながらビーチ目の前ではないんですが
裏手に東南アジア最大級のウォーターパークがありますっ
3-riptide
(公式サイトより)
ウォーターパークはすでにオープンしています
東南アジア最大の波のプールや、
17本のウォータースライダーがありますよ~


そして4軒目が、
アナンタラリゾート
anantara
 (ホテル公式サイトより)
タイを中心に展開しているデラックスリゾートで、
こちらは2019年初め頃にオープンの予定です。
アナンタラはビーチ前に建てられているので、
ビーチは目の前

このデサルコーストにはリゾートだけでなく、
ゴルフの4大メジャーを制したアーニー・エルスさんが
プロデュースした「ジ・エルスクラブ」が、
バレーコースと
オーシャンコースの2つがオープン☆


カップル旅行でも、ファミリー旅行でも楽しめる
注目の新リゾート地区です♪♪
新しい情報が入り次第、またご紹介しますね
お楽しみに~

Hotel Information
One&Only Desaru Coast
(オープン未定)
Westin Desaru Coast
(2018年10月オープン予定)
Hard Rock Hotel Desaru Coast
(2018年11月オープン予定)
Anantara Desaru Coast
(2019年初め頃オープン予定)
Desaru Coast Adventure Waterpark
(オープン済)
The Els Club
(オープン済)


フェリースケジュール
チャンギフェリー⇒タンジュンべランコー
【月-金】
9:30発→10:00着
19:00発→19:30着
【土日祝日】
9:30発→10:00着
12:30発→13:00着
17:00発→17:30着
20:00発→20:30着

タンジュンべランコー→チャンギフェリー
【月-金】
8:00発→8:30着
18:30発→19:00着
【土日祝日】
8:00発→8:30着
11:00発→11:30着
15:30発→16:00着
18:30発→19:00着

いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
bannermypass
面白かったらポチっとお願いします!







blog_malaysia at 10:46  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年08月07日

おはようございます

いよいよ、今週末からはお盆休み
沢山の方がこの期間にご旅行されるんじゃないでしょうか?
マレーシアにも沢山の方が遊びに来てくれるみたいで、嬉しいです

せっかくのご旅行なので、
皆さんには、ぞんぶんに楽しんで貰いたいっ

なので、今日はワタシがオススメする、
コタキナバルで楽しむべき10のコト☆」を紹介しちゃいますっ

まずはつめ♪♪

1.アイランドホッピング~
Boat_to_Sapi_Island (3)
コタキナバル中心部からボートで約15分で到着する
海洋公園は透明度が高い綺麗な海がっっ
沖へ行かなくても、沢山の魚が見られますよ
ツアーとして多いのは、サピ島やマヌカン島ですね。

ちなみに、コタキナバル中心部は埋め立てになっているので、
海がすぐ近くにあっても、砂浜は無く海には入れません


サピ島へ行ったらぜひ体験してもらいたいのがつめ。
2.コーラルフライヤー(ジップライン)
Coral_Flyer (9)_1
サピ島とそのお隣のガヤ島の間に架けられたジップラインで、
250mの距離の海上を時速60kmで飛ぶアクティビティ

Coral_Flyer (12)


海の上を飛ぶのって、気持ちいい~


大人RM86で
10:00-15:30までやってます♪♪
ジップラインの詳細はこちらから


つめはテングザルや蛍が見られる
3.リバーサファリ(リバークルーズ)
IMG_1153_タマウ川クルーズ
コタキナバルから車で約2時間。
両岸にうっそうと木々がしげる川をボートでクルーズ。
テングザルを見たり、運が良ければサイ鳥も見られるかも
その後は、
クリスマスイルミネーションのようにチカチカと光る蛍を鑑賞
とっても幻想的☆

アクティビティが続きましたが、
コタキナバル市内でもする事はありますよ♪♪

つめは~
KKのオブジェ前で記念撮影♪♪
IMG_1312_KK市内

KKというのは、コタキナバルの愛称。
Kota Kinabaluの頭文字をとって、地元っ子にそう呼ばれています
KK市内の、ハイアットリージェンシー裏手辺りには、
最近この「 KK」というオブジェが出来て、
写真スポットになってます

もう少し遠くから撮ると、
IMG_1296_KK市内
こんなオブジェです☆


普通に記念撮影でも良いのですが、
ココはやっぱり、
「KK」のポーズで写真を撮りましょう♪♪笑
BlogPaint
実はこのポーズ、地味に苦しいです(笑)

ハイアットリージェンシーまで来たので、
IMG_1496_ハイアット
次のお薦めはココのカフェ


IMG_1504_ハイアット_1
外側にある「モザイクカフェ」では、
とっても珍しいレインボーラテ(カフェラテです)が飲めますよ♪♪
そして、とっても可愛いレインボーケーキも♪♪
IMG_1500_ハイアット
ハッとするような鮮やかな色で、
若干びっくりしますが(笑)、
ちょっとしたティータイムはどうですか?
レインボーラテとケーキの詳細はこちら

お腹を満たしたら、車に乗って約10分。

つめ、人気の水上モスクへ~
IMG_1277_市立モスク
青いドームがほんっとにキレイ!!!
ワタシも大好きなモスクです
モスクを見ると「異国~」って感じがしますよね♪♪


※一般の方も見学できますが、見学時申込とRM5、
 肌を覆うレンタル衣装(RM10)が必要です。
 詳細はこちら


イスラム教の国・マレーシアで
一番消費される「お肉」の種類は何だか知っていますか

それは・・・
ズバリ チキン(鶏肉)ですっっ
イスラム教徒は豚肉を食べる事を禁止されていて、
ヒンドゥー教徒は牛肉がNG。
どの民族でも食べられるのが「チキン」という訳なんです♪
KFCはどこへ行ってもありますが、
KKへ来たら、ぜひローカルレストランの、

Boreno's ボレノズ」へ行ってもらいたいです
IMG_1118_Borenos
コタキナバルのローカルファーストフードで、
KK内には数店舗展開しています。
え~、でもフライドチキンでしょ~??」っと
侮ってはなりません!!
IMG_1126_Borenos
(※通常はカットされて出てきます)
お肉がジューシーでとってもクリスピーなんですっっ
これは、美味しい~♪♪
ワタシはハマってしまい、よく食べています(笑)
ファーストフード店なので気軽に入れるし、
お店によっては24時間営業なんで、
夜中に「お腹空いたなぁ~」って食べられますよ(笑)
ボレノズの情報はこちら

皆さん、コタキナバル(ボルネオ島)というと
真っ先に思い浮かべるのが、
オランウータンですよね~
34s014h_1
ですが、
コタキナバルの街中を歩いていても
オランウータンには会えません

コタキナバル近郊で唯一オランウータンを見られるのは、

ロッカウィ・ワイルドライフパーク
IMG_1404_lokkawi
ここでは、ボルネオに生息する動物を中心に100種ほどが
飼育されています♪♪もちろんオランウータンやテングザルも

一部の動物を除き、柵や檻を使わないので
自然に近い姿を見る事が出来るのです~
IMG_1423_lokkawi
オランウータンも、こんな感じ~
動きはとってもスローで、の~んびり暮らしています。

リバークルーズで見られるテングザルも、
クルーズだとかなり遠くにしか見られないんですが、
この通り、近くで見られますよっっ
IMG_1426_lokkawi


IMG_1435_lokkawi
天狗ザルは檻に入れておかないと逃げちゃうそうで(笑)、
檻の中にいましたが、かなり間近に見れて大満足☆

それ以外にも川を泳ぐカワウソとか見れて
テンション高めです♪♪

あと、オススメは~
アニマルショー
IMG_1463_lokkawi
座る席の場所によっては、
クマネコ(ジャコウネコの一種)が
目の前のロープを渡ってくれます~
きゃ~
大人も子供も楽しめる動物園です♪♪
ロッカウィの情報はコチラ
※個人で行く場合は往復でタクシーを手配してください。

コタキナバルは、街中の観光スポットというより、
海や山等のアクティビティに参加するほうが多い街ですが、
次のは、街中で体験できるアクティビティ。

サンセットクルーズ(ノースボルネオクルーズ)
IMG_1335_ノースボルネオクルーズ
市内に一番近い大型リゾート「ステラハーバーリゾート」内の
マリーナから出発するノースボルネオクルーズ。

IMG_1337_ノースボルネオクルーズ
オシャレで明るいスタッフが迎えてくれますよ♪

コタキナバル中心部の湾岸をぐるっと回る2時間の
ビュッフェクルーズですが、オススメはサンセットクルーズ!
IMG_1384_ノースボルネオクルーズ
夕陽に染まる南シナ海の風景を堪能できます

船内ではライブバンドによる演奏もあって、ムード満点
IMG_1387_ノースボルネオクルーズ

そのうち~
スタッフやお客さんが音楽に合わせて踊りだしちゃうのが、
なんともマレーシアっぽくて楽しい

クルーズの詳細はコチラ


そして、いよいよ最後!
最後だけど、絶対外せない(笑)のが、
 サバベジを食べること!!
_L5W0263
サバ州でしか食べられないこの野菜。
KLや他の場所では見た事が無いです
街中にあるシーフードレストランで大抵は出してもらえます
Seri Selera Kampung Air (3)
大抵はガーリック炒めかブラックペッパー炒め。
ガーリックの方がオススメかな~??
KKの街中だと、
スリ・セレラ
ウォーターフロントのポートビュー
ウェルカム・シーフード あたりで食べられると思います

かなり長いブログなってしまいましたが
もし、まだ何しようか決めてない方がいたら、
ぜひ参考にしてみてくださいね~♪♪

他の都市でも、やってみようかな~


いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
br_decobanner_20110720171659
面白かったらポチっとお願いします!




blog_malaysia at 11:20  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月31日

おはようございます。
今日で7月も終わり。明日からは8月ですね。
1年があっという間に過ぎていきます~

さて、今日は重要なお知らせです
コタキナバルの観光スポットにもなっている、
コタキナバル市立モスク
IMG_1277_市立モスク
青いドームが美しい、水上モスクとしても人気があります
今までは見学希望の方は無料で気軽に見学ができたのですが、

実は今、諸事情により見学不可となっていて、
再オープンは明日(8月1日)を予定していますが・・


再オープン後は
原則旅行会社のみ旅行客をモスクの中まで案内する事が可能(事前申込)で、
 見学料がRM5かかります

個人の旅行客でも見学は出来ますが、
 モスクの入口で申込が必要で、見学料RM5がかかります。

モスクの中というのは敷地内という意味で、
IMG_1283_市立モスク
内部ホールはモチロン、



BlogPaint
 ↑ このエリアもモスク内ですからRM5と申込が必要です。


だったら、外から写真撮ればいいや~
となるのですが、
モスク周辺のエリアも、RM5を支払う必要があるとか
まじで~
・・ですよね。


実は先月外国人旅行者が
このモスクの塀に登り、ダンスを踊った動画を撮影したのです・・
神聖な場所を汚されたとして、
モスクが外国人の立入を禁止したのです

今回の措置は、
モスクがイスラム教徒にとって神聖な場所」である事を
旅行者に認識してもらうためのものです。

もちろん、美しいモスクは観光スポットでもあるのですが、
その前にここは神聖な場所であるという事を理解し、
マナーある行動をしていただきたいのです。。

今回の事前申込や入場料はマナーを守って頂く為の措置です。
再オープンは明日を予定していますが、変更される可能性と、
上記ご紹介した内容と異なる場合もあります。
シティモスクへ行かれる方は、モスクスタッフの指示に従ってください。
追加情報が入ったらまたご案内します。



これからの夏休み。
マナーを守って楽しく旅行しましょう♪♪


いつも読んでくれて有難うございます
   ブログランキングに参加しました
malakka_banner
面白かったらポチっとお願いします!










blog_malaysia at 12:16  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキング参加中

記事検索
月別アーカイブ