ファッション

2010年10月12日

先週のシリーズの続きです

マレーシアで活躍する若手デザイナーブランドButik JIU」をご紹介します
IMGP6466
彼らのデザインするドレスや服は基本は伝統工芸を使っているわけでは
ありませんが、伝統を取り入れたデザインもあるのでご紹介しちゃいます
IMGP6467_1
このドレス。一見ステキなドレスのように見えますが・・実は
IMGP6467_2
肩と襟もと?に使われているのは、ニョニャクバヤの刺繍

IMGP6470
これもニョニャクバヤの刺繍をアレンジ
とってもステキ~
これなら普通のドレスとして着られますね

こちらが彼らのショップ。古いショップハウスの内装を変えて
お店にしています。とっても雰囲気があります~。
IMGP6478_1

IMGP6477_1

IMGP6468
左に写っているのがアートディレクターの Hwa Keanさん

マレーシアで活躍中のButik JIU。時にはコスメブランドの
ショー用のドレスを作ったりします。

私が訪ねたのは彼らのイポーのお店なんですが、実はこの9月末に
プタリンジャヤ(KL郊外)のお店がオープンしました

Butik JIUでは、オーダーメイドドレスのほか、
既製品のとってもキュートなお洋服
売っています。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

次はプタリンジャヤのお店に行かなきゃ

Shop Data: Butik JIU
Address 
<PJ Shop> 
             68,JALAN SS2/75,Taman Sea,47300,Petaling Jaya
             Selangor,
TEL        603-78764167

<Ipoh Shop>
             44A Jalan Sultan Abdul Jalil, 30300, Ipoh
             (エクセルシオールホテル向かい側)

            



blog_malaysia at 09:12  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月09日


月曜日の「Malaysia Night 2010」に合わせわざわざペナン島から
クバヤ職人のキムさんが来日して下さったので、今日はそのニョニャ
クバヤをご紹介します

ニョニャクバヤとは・・
Little Nyonyaの回でもご紹介したニョニャの女性が着る
前開きのブラウスの事で、このニョニャクバヤは「着る宝石」とも言われるほど美しい刺繍が特徴です。
IMGP5523
 キャー!!
 見てくださいこの刺繍の細かさ

IMGP5571
この刺繍が出来るようになるには、何十年もの
歳月が必要なんです。そして、もうひとつ。無くては
ならないのが、このクラシックミシン。

IMGP5569
金魚の刺繍~ 
足ふみのミシンでひとつひとつ丁寧に仕上げていきます。
IMGP5573
今回来日してくださったキムさんは、マレーシアで人間国宝
認定されている職人さんで、前首相の奥様(故人)と一緒に伝統手工芸を
守るために今も活躍されています。

そのキムさんのお嬢様が、イエンさん
IMGP5577
お母さまの技術を引き継ぎ、クバヤ職人として活躍されています
IMGP5547_1
見てくださいこの細かさ
神業としか思えませんよね。

IMGP5528_1
これが出来上がったもの。思わずうっとりしちゃいます。
熟練の職人さんでも1着仕上げるには数ヶ月必要だそうです
着る宝石」といわれる理由が分かりますよね。

本来クバヤは下にバティックで出来たスカートをはくのが
正式な着かたですが、前にボタンが付いていないので
デニムやワンピースの上にカーディガンの様にはおって
もお洒落です。
IMGP5575
お母さまとイエンさん。

基本的にクバヤはオーダーメードなので、自分にピッタリの
サイズに出来上がるのも魅力
デザインも勿論自分好みのものが出来ますよ

お母さまのキムさんのお店はペナン島に、お嬢様のイエンさんは
現在日本在住。日本でクバヤを広めるために頑張っています。
皆さんも1枚 いかがですか?

Shop Data:
Kim Fashion & Trading
ペナン本店
170-4-77 Gurney Plaza,10250 Penang
URL: http://kimkebaya.hahaue.com/








blog_malaysia at 09:35  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキング参加中

記事検索
月別アーカイブ