2015年03月11日

チャイニーズニューイヤーのオープンハウス@Menara Condong

おはようございます
実際のチャイニーズニューイヤーは2月中旬だったんですが、
マレーシア政府観光局主催のオープンハウス(と呼ばれるイベント)が
2月28日に、前にご紹介した、例のマレーシア版ピサの斜塔(笑)で開催されました
ワタシ、実はこのイベントを見に行っていたので、ちょっとレポートしちゃいますっ 

このマレーシア版ピサの斜塔()は、
ペラ州のTeluk Intanという街にある「Menara Condong」という建物なんですが、 
Teluk IntanまではKLから車で約2時間、イポーからも1時間半くらい。
けっこうな遠さです。。。

オープンハウスというのは、マレーシアで良くある習慣で、イスラム教の断食明けや、
チャイニーズニューイヤーに、家に食べ物や飲み物を用意し、家族、親戚、知人友人を招いて
飲食を振る舞い、お祝いするものです。今回のイベントは、政府観光局が公式で開催した
オープンなイベントなので、地元の一般の方も参加してましたよ♪♪

何せマレーシアは暑いので、イベントは夜開催

普段のメナラ・コンドンとその周辺はこんな感じ
MENARA CONDONG TELUK INTAN 9
この塔だけがやたら目立つ(笑)、とっても小さな町なんですが、

この日は・・・


CIMG2417
超豪華絢爛っっ

この塔の周りには、テントがたっくさん出ていて
IMG_20150228_205430

ココのテントはミーゴレン

こっちのテントはミールブス

みたいな感じで、食べ物が振る舞われてました(もちろん無料で。)
す・・・すごい

でもそれだけではなく、
ステージパフォーマンスもすごかったですっ

CIMG2418
とにかくすごい人だかりだったんですが、

CIMG2420


CIMG2432
民族舞踊とか

CIMG2434
チャンピオンによるライオンダンスもありました~

CIMG2435

CIMG2436

CIMG2439
近くで見ると、ものすごい迫力っ
ワタシ、ちゃんと見た事なかったから、楽しかったです♪♪


それにしても・・・



CIMG2428

タワーが本当にキレイで・・・
(暑いんですがうっとりしました


このタワーですが、街のランドマークなだけでなく、
マレーシアでは「文化遺産」となっています。
1885年に時計台と貯水庫として建てられたもので、
1889年と1895年の洪水で傾いてしまったとか。
現在はユネスコの文化遺産の登録を目指しているそうです

しかし・・・
CIMG2414
すごい人・・

この日の来場人数は2万人だとか。。
ここと周辺の街の人はみんな来たくらいの勢いです
静かな町が一気ににぎやかになりました♪♪

このオープンハウスと呼ばれるイベント、
開催日時や開催場所が決まるのがとっても遅いので
これに合わせて旅行を・・というのはかなり難しいのですが、
もし、たまたまご旅行中に見られる機会があったら覗いてみてくださいね♪
今年は、
ハリラヤ・アイディルフィトリ(イスラム教の断食明けのお祝い)
ディーパバリ(ヒンドゥ教の光のお祭り)
クリスマス
なんかで予定されると思いますっ

Menara Condong(メナラ・コンドン)へのアクセス
KLからタクシーで約2時間
イポーからタクシーで約1時間半

いつも読んでくれて有難うございます
    ブログランキングに参加しました
バナー6
面白かったらポチっとお願いします!



 

blog_malaysia at 09:10取材レポート | イベント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキング参加中

記事検索
月別アーカイブ