2014年12月22日

ウーちゃんが。。。

マレーシアと言えば、
オランウータン
34s014h_1
かわいぃ~


オランウータンは、現在ボルネオ島とインドネシアのスマトラ島にしか
生息していない絶滅危惧種
マレーシアと言っても、オランウータンが見られるのは、
サバ・サラワク両州だけ 

・・・とはいえ、
サバ州、サラワク州、どちらの町でも
町のあちこちでうーちゃんに遭遇できる訳ではありません

もともと、とってもおとなしいうーちゃんは、
ジャングルの奥にひっそりと暮らしています

なので、うーちゃんが見たい方は、
両州にあるオランウータンの保護施設(リハビリセンター)で見学します 
※ここは、傷ついたり、親をなくしたオランウータンを自然に返す為の施設なので、
触ったり抱っこはできません。

オランウータンの保護施設は
サバ州なら
セピロックオランウータンリハビリセンター(サンダカン)
シャングリラ・ラサ・リアリゾート(コタキナバル※宿泊者優先の人数制限あり)
サラワク州なら
セメンゴ・ワイルドライフセンター
マタン・ワイルドライフセンター

があります

今回は、サラワク州のセメンゴへうーちゃんを見に行きました♪♪
KCN_Semenggoh_5535

ここは、クチンから車で約30分の場所で、
毎日9時~10時 と15時~15時半の2回餌づけが行われています。

その時間に合わせ、皆カメラをもってスタンバイ・・・
CIMG2070

まだかな。。まだかな。。



CIMG2068
・ ・ ・ ・あれ?



CIMG2069
うーちゃんが来ない・・・

なんと、この日うーちゃんは姿を現しませんでした。。
保護施設内にいるオランウータンは、基本自然に近い形で生活しているので、
餌づけの時間はあるものの、もしどこかでご飯(果物)が取れれば
わざわざ餌づけの時間には降りてこないんです。。
どうやら、別の場所で美味しい果物の木を見つけたようです。。

このセンターの目的は
オランウータンを自然に返す事 なので
これは、オランウータンが自然に帰りつつあることでとても良いこと。

とは言え、
残念です。。。
はぁ。。

保護施設へ見学に行く際は、こういう事態も覚悟して(?)見に行ってくださいね。

オランウータンが見られる場所(保護施設)
サバ州
シャングリラ・ラサ・リア・リゾート内自然保護区
時間:午前10時&午後2時(各回約1時間)
☆定員制(※宿泊客優先)
入場料:ラサリアリゾート宿泊客RM50/一般RM70
見学希望日の72時間前から予約可能
アクセス:コタキナバル中心部から車で約40分

セピロック オランウータンリハビリセンター
時間:9:00~11:00/14:00~15:30(餌づけは10時と15時)
入園料:大人RM30 子供RM15
アクセス:コタキナバルから飛行機でサンダカンへ
        サンダカンからは車で約20分

サラワク州
セメンゴ・ワイルドライフセンター
開園時間:8:00~17:15(餌づけは9:00~10:00/15:00~15:30)
入園料:大人RM3 子供RM1.5
アクセス:クチン市内から車で約30分

マタン・ワイルドライフセンター
開園時間:8:00~17:30(餌づけは9時と15時)
入園料:大人RM3 子供RM1
アクセス:クチン市内~車で約40分

いつも読んでくれて有難うございます
    ブログランキングに参加しました
br_decobanner_20120214152214
面白かったらポチっとお願いします!






 

blog_malaysia at 10:24自然 | サラワク  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキング参加中

記事検索