2014年10月16日

1年のうちに同じ祝日が2回!?

おはようございます
来週の22日はヒンドゥー教の「Deepavali(ディーパバリ)」という
光のお祭りです。
ディーパバリ
街中のショッピングセンターやホテルのロビーには、
色づけしたお米で作られたとーーってもきれいな砂絵が描かれます。
この砂絵があちこちで沢山見られるのはこの時期だけなので是非見てくださいね♪♪

ちなみに。。
昨年末に2014年の祝日が発表された時点では、
このディーパバリは10月23日でした。。
その後ヒンドゥー寺院総本山(←?というのかな?)から、10月22日に変更の連絡が入り、
10月22日が2014年のディーパバリのお休みになりました。
イスラム教の祝日(断食明けのお祝いとか、メッカ巡礼のお祝いとか)は
イスラム暦を基本にしているので、ギリギリで変わる場合もあるんですが、
ディーパバリもこうやって変更があるんですねぇ。。


で、この話を踏まえて来年の祝日のお話です
すでに2015年の祝日が発表になっているのですが
よぉ~~く見たら
「ムハンマド生誕祭」という祝日が1年のうちに2回あるっ!!
え?
ええ~??


そうなんです。
ご存じの通りイスラム暦は西暦より10日ほど短いので、
こういった祝日は毎年少しずつ早まって(?)いくんですが、
2015年のムハンマド生誕祭が1月3日。
そのせいでその次のムハンマド生誕祭が2015年末の12月24日にやってくる事になるんです。
ほえぇ~~。同じ祝日が1年に2回。。日本では絶対に起こらないですね。

もしかして、もしかして
ハリラヤ・プアサ(断食明けのお祝い)も1年に2度やってくるかも???


で、ワタシ調べました(キラリ笑)




はい。
やってきますっ
(キラーン


それは・・・



西暦2033年に!!!
予定では2033年1月2日にまず第1回目のハリラヤ・プアサが。
そしてその後年末の2033年12月22日に第2回目のハリラヤ・プアサがっっ

西暦より10日ほど短いので、
こういう現象は約30年に1度起こります

なので!
西暦2033年の後は西暦2065年!!


・・・・
2033年は多分大丈夫ですが、2066年は確実にワタシ体験できません


ちょっとユニークなイスラム暦のお話でした。
2015年の祝日情報は、観光局HPで確認してくださいね♪


いつも読んでくれて有難うございます。
    ブログランキングに参加しました
malakka_banner
面白かったらポチっとお願いします!





 

blog_malaysia at 09:13生活 | イベント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキング参加中

記事検索
月別アーカイブ