2010年06月04日

最近韓流や華流といって韓国や台湾のグループや役者さんが人気ですよね。
マレーシアも、こういうアーティストや役者さん達からもっと人気が
出ないかな~と思いまして。。

ということで、マレーシアの素敵なプリンスやプリンセス達を紹介していきます!

記念すべき(?)1人目は、Aizdean(アイズディーン)
アー写_CMYK_1

甘いマスクがお姉さまがたを虜にしそうです
しかしこのAizdean、普通のマレーシア人アーティストとは
ちょっと違います。

何が違うかって言うと・・・
何と、メジャーデビューしたのが日本だっていう事!!

実は彼、もともとはマレーシア人留学生として日本にやってきて、大学院で学ぶ傍ら、歌手活動を始めたのです。2008年末から本格始動し、2009年7月に配信した「I Need You Baby」はレコチョク・クラブうた週間2位をマークなど、人気急上昇中のR&Bシンガーなのです。




そして2010年3月には待望の1st アルバム『Hadiah』をリリース。
QWCH-10018_CMYK_1

類まれで圧倒的な歌唱力と甘いマスクが本当~に素敵なAizdean。
是非日本の方にもっと知ってもらいたいです

様々な場所でライブを行っていますので、是非観に行ってあげて
くださいね

Artist Data: Aizdean(アイズディーン)
公式サイト:http://www.aizdean.com/
公式ブログ:http://ameblo.jp/aizdean/


(※写真提供:BOND&Co)



blog_malaysia at 09:10芸能ミュージック  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月03日

今、アジア中でブームを巻き起こしているドラマをご紹介します。
タイトルは『The Little Nyonya(リトル・ニョニャ)』。

本当はシンガポールのTV局が制作したものなのですが、ニョニャの
オリジナルはマレーシアですのでご紹介しちゃいます

s22268538302_1155163_8320

『Nyonya(ニョニャ)』と言うのは、その昔大陸から渡ってきた中国人とマラッカに住む地元マレーの女性の婚姻で生まれた方々で、男性を『Baba(ババ)』、女性を『Nyonya(ニョニャ)』と呼び、この方々の総称を『Peranakan(プラナカン)』と呼んでいます。様々な婚姻スタイルの発達から現在純粋なプラナカンの人達は大変少なくなっていますが、マラッカやペナン島のジョージタウンにはその当時の文化をうかがわせる建物が数多く残っています。

さて
ドラマに戻ります。
このドラマはシンガポール版「おしん」というのが1番わかり易いかな?
主人公Yu Niang を中心に、彼女のお母さんの時代から、彼女の波乱万丈の一生をドラマにしたものです。



これが・・本当に「おしん」のようで・・
これがあり得ない程壮絶で・・
ひどいいじめにあいながらも懸命に生きる主人公を、涙なしには観られません。

『The Little Nyonya』は2008年にシンガポールでオンエアーされ、
その年の大ヒット作品となりました。その後アジア諸国やヨーロッパにも
版権が販売され、2010年現在版権を買っていないアジア国は何と
日本だけなんだそうです~。

そして、『The Little Nyonya』のもう1つの見所は、当時のプラナカンの邸宅や人々、衣装や食器に至るまで隅から隅まで完全に復元されている事です

涙とともに、美しいプラナカンワールドが楽しめます。
日本でも韓流みたいドラマからプラナカンブームが起こってくれると
良いですね
あ、その前に放送ですね・・是非日本でも放送してほしいです!

余談ですが・・
この『The Little Nyonya』の主題歌を歌う、Olivia Ong さんはシンガポールの人気シンガーで、日本でも2枚、ボサノバのアルバムをリリースしてます。
ウィスパーボイスでとても素敵ですよ

Drama Data:
The Little Nyonya (2008 Singapore) 全34話

(※写真と動画は公式サイトより)
※今回のリンクは全てfirefoxをご使用下さい。



blog_malaysia at 09:21芸能ドラマ、映画  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月02日

いよいよレースも終盤。これからはKL郊外から、ゴール地点の
ムルデカ広場を目指します。

PWTCを過ぎ、家屋やビルが建つJalan Ipohを進みます。

street
 (イメージ)

マレーシア語で「Jalan」とは「道、通り」の意味。なので「Jalan Ipoh」は
「イポー通り」となります。KL市内には、マレーシア各地の名前を持つ
通りが幾つかあります。イポーは、昔錫で栄えたペラ州の州都。

その他、「Jalan Kuching(クチン通り)」や「Jalan Kinabalu(キナバル通り)」、「Jalan Pahang(パハン通り)」など。

ちなみに「Jalan」は「道、通り」と言う意味ですが、「Jalan- Jalan」になると「お散歩」「ぶらぶら歩き」という意味になります

1730
 (KLマラソン公式サイトより 2009のもの)

そして最後は再びムルデカ広場の前で感動のフィニッシュ!

2620
 (KLマラソン公式サイトより 2009年のもの)

フィニッシュの後の記念撮影

2460
 (KLマラソン公式サイトより 2009年のもの)
左の方はこの格好で走ったのでしょうか??

KLの街を駆け抜けるKLマラソン。
今年も楽しいイベントになりそうです。
私も沿道に応援に行ってみようと思います
そして1年間トレーニングして、来年は参加してみたいです。
まずは5kmから・・

KLマラソン2010(6月27日開催・エントリーは6/10まで)



blog_malaysia at 10:04イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年06月01日

コースは再び、KL中心部から郊外へ・・

画像 171

見えてきたのは「ティティワンサ公園」。
ここは緑がとっても綺麗な公園で、公演の中央には湖、脇には国立劇場
の「イスタナ・ブダヤ」もあります。ちょうど先日までブロードウェーミュージカルの「West Side Story」の公演をしていました。
中では馬車にも乗れますよ

ティティワンサ公園を過ぎ、PWTC(Putra World Trade Centre)を
抜けるとKL郊外の住宅街へ。
いよいよラスト10kmを迎えます!!

(※写真はイメージです。)




blog_malaysia at 09:19イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月31日

ここでちょっとルート説明はオヤスミです・・

シティマラソンに参加する人達が、シティマラソンの魅力を教えてくれました。
それはズバリ お祭りなんだそうです。
ランナーは皆、沿道で盛り上げてくれる声援を聞きながら走れるから
頑張れるんだそうです。なるほど。街とランナーとボランティアさん、沿道の方が1つになるわけですね。

KLマラソンでは一般の沿道の観客の他、「応援団」を募集します。
これはKLマラソンとランナー盛り上げる為のもので、6名~最多20名迄のグループが、3分以内の応援を各自決められた場所で約2時間ランナーを応援し続けます。
2430
(KLマラソン公式サイトより 2009のもの)

こんな感じでしょうか?応援団は応援するだけではありません。
これもコンテストなんです。
最も優れたパフォーマーには何と!賞金RM2000が貰えます。
その他、コスチューム賞もあるみたいです。
残念ながら応援団はマレーシア人のみとなっているみたいですが、
「みんなが1つになる」という気持ちが良く表れていますよね。

参加する人も観る人も楽しめるKLマラソン、是非参加してみて下さい。
まだまだエントリーは公式サイトで受付中です!


blog_malaysia at 09:40イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月28日

レースはいよいよ中盤、そしてKL一の繁華街・ブキッビンタンへ・・

Lot 10 -02

「ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)」は訳すと「星ヶ丘」。
Bukit =丘 + Bintang=星 =星ヶ丘。何とも可愛い
ネーミングです。

ブキッ・ビンタンには沢山のオープンカフェ(暑いけど・・)があり、
流行の中心でもあります。

このLOT10がある交差点付近を曲がり、次はKLタワーとKLCCを
目指します。

KL Tower01

 KLタワーを見上げながら、次はツインタワーへ・・
さっき、ブキッ・ビンタンは「星ヶ丘」と言いましたが、このKLタワーが
建っている丘・ブキッ・ナナス(Bukit Nanas)は「パイナップルの丘
なんです。タワー自体もパイナップルをモチーフにしているそうですよ。

朝のKLCC公園0111

そしていよいよコースはKLCCへ・・
KLのシンボル・ツインタワー。さっきから「」、「パイナップル」と
出てきたせいでしょうか・・私には「トウモロコシ」に見えます

ツインタワーの下に広がるKLCC公園は、KLっこの憩いの場。
勿論デートスポットでもありますよ。

コースはこの後、ティティワンサ公園を抜けPWTCへ・・

次回はティティワンサ公園周辺からです。お楽しみに!
ルートはこちら
KLマラソン2010 (6月27日開催。公式サイトでエントリー受付中!)

(※写真は全てイメージです)

blog_malaysia at 09:28イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月27日

レースはスバン旧国際空港を抜け、郊外のエリアへ・・


2580
(写真は公式サイトより、2009年のもの)

ルートの所どころには勿論給水ポイントがありますが、ここには
栄養補給ポイントがあり、南国らしくバナナを提供しています
ルートマップを見ても、バナナのマークが!!


KLの移りゆく風景を眺めながら、由緒ある会員制ゴルフクラブ、
ロイヤルセランゴールクラブの前を通ります。
ロイヤルスランゴールクラブ0123
KLの中心部から車で15分程で来られるこのゴルフコースは、
完全会員制で、会員になれる事が一種のステータスでもあるそうです。
街のど真ん中なのに、緑に溢れ、とても静かだそうですよ

ロイヤルセランゴールクラブを抜けると、ちょうどレースは中盤を迎え、
KL一の繁華街、ブキッ・ビンタンへと続きます。

次回はブキッビンタン付近までをご紹介します
お楽しみに

(※写真はイメージです。)
詳しいルートはこちら

KLマラソン2010(6月27日開催。エントリーは公式サイトで受付中!)


blog_malaysia at 10:29イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月26日

さて、今回からはKLマラソンのコースを少しずつご紹介していきます。

まずはスタート地点のムルデカ広場
ここは1957年にマレーシアがイギリスから独立を宣言した場所。
独立記念広場0128
今は高々とマレーシアの国旗が掲げられています。

その目の前には、KLのもう1つのシンボルと言っても良い
スルタン・アブドゥル・サマドビル。
スルタンアブゥドゥル#ABBD3
この辺りが、いわゆる「オールドタウン」と呼ばれているエリア。
古いけれど、雰囲気のある素敵なイスラム建築や、ショップ
ハウスが立ち並びます。

1010
 (KLマラソン公式サイトより、2009のもの)

このあと旧クアラルンプール駅を通り、ミッドバレー
_DSC2492

ミッドバレーは現在開発が進められていて、地元っ子に人気の
メガモールショッピングセンターの他にガーデンホテル&レジデンスや
新しいショッピングセンターも入っています。

ミッドバレーを更に南下し、コースはスバン旧KL国際空港へ・・・
ルートはこちら

ルート紹介は次回へつづきます

KLマラソン2010(6月27日開催!公式サイトでエントリー受付中!)

(※写真は全てイメージです。)


blog_malaysia at 09:46イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月25日

今日のブログでは、KLマラソンのカテゴリーをご紹介します。


★個人エントリー

カテゴリー

制限時間

スタート時間

年齢制限

フルマラソン

6時間

5:00 AM

18歳以上

ハーフマラソン

3時間

6:15 AM

16歳以上

10km

1時間半

7:00 AM

16歳以上

5km

40分

8:00 AM

13歳以上

※年齢は2010年6月27日時点での年齢です

参加費

5/31迄の申込

6/1~6/10迄
の申込

フルマラソン

USD50

USD55

ハーフマラソン

USD40

USD45

10km

USD35

USD40

5km

USD30

USD35


その他、ファミリーで楽しむファミリーランや、チームで走るもの、
子供用のキッズダッシュ(2010年は既に締め切り)があります。
1190
この方はハーフマラソンのようですね。1時間2分09秒!
かなり早い・・。

そして・・気になる賞金は・・

★フル
男子&女子1位:USD17,500(約160万円)

★ハーフ
男子&女子1位:USD1,000(約9万円)

だそうです
やる気が出ますね

その他詳細は KLマラソン2010(英語)でご確認ください

次回からはコースを少しずつ分けて見所をご紹介していきます。
お楽しみに!

(写真は公式サイトより、2009年のもの)


blog_malaysia at 09:27イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月24日

今や世界各地で開催されているマラソン大会。
特に人気なのが街中を走るシティマラソン。いつも眺めている街並みを、沿道の方からの声援を受けて走るのは、街が1つになる瞬間です。

KLでもKLシティマラソンを開催しています。昨年は18,000人ものランナーがKLの街を走り抜けました。
0140

日中30度を超えるKLでのマラソンのスタート時間は午前5時!
日が昇る前から街の明かりを頼りに出発します。

1550

シンボル・ツインタワーやKLタワーを背景に走るとまた違う発見が
出来るかもしれません。

ルートはKLのムルデカ広場を出発し→KLセントラル→ミッドバレー
→スバン旧空港→王宮→ロイヤルセランゴールクラブ→
ブキッビンタン地区→KLタワー&ツインタワー→ティティワンサ公園
→PWTC&郊外→ムルデカ広場(ゴール)と、KLの街をくまなく巡る
魅力たっぷりのコースです。

ルートマップはこちら

2010年は6月27日(日)開催です。勿論外国人の参加も大歓迎です
エントリーもまだ間に合います。
詳しくは http://www.kl-marathon.com/


次回のブログでエントリー可能なカテゴリーをご紹介します。


(※写真は全てオフィシャルサイトより、2009年のもの)



blog_malaysia at 09:39イベントクアラルンプール  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキング参加中

記事検索
月別アーカイブ